シャツをズボンに入れるのはかっこ悪いのか

最近ちょっと誤解されているなと思うことがあります。服装でよくシャツをズボンの中にインするという方法についてなのですが、これがダサい格好だからやらないほうがいいというものです。シャツをズボンの中に入れるというのは確かにダサい人達がよくやっているものではありますが、必ずしもそうではないです。

いろいろな例を見ても、必ずしもシャツをインしていても問題はないことはわかると思います。ビジネスパーソンのほとんどがワイシャツやカラーシャツをズボンの中に入れていますが、ダサいとは感じません。もちろんその上のジャケットを入れてしまうと確実におかしくなりますが、ワイシャツであれば問題ないでしょう。

またTシャツを重ね着する人もいますが、下のTシャツだけをインするという方法もありますし、それが悪いとは言いません。ホストのような格好でお兄系というものがありますが、こちらでもシャツをインするようなファッションは意外に多いのです。ベルトのバックルを見せるためにもインしたほうが良かったりします。

重要な事はアウターをインしているかどうかということではないかと思います。いわばジャケットが一番わかり易いですが、それをインするということはありえないというのはわかると思います。Tシャツでも同じで、Tシャツも夏場は1枚だけしか着ないのでいわばアウターのようなものです。それをインしてしまうとおかしくなってしまいます。

オタクだとか言われている人たちのファッションもそうで、ダサいと言われるのはいわばアウターと言われるようなものをインしてしまうからダサくなってしまうのです。インしないで外に出してボタンを外して置いたほうがかっこよく見えるのはそのためです。しかし逆にワイシャツなどはインしてジャケットを上から羽織ったほうがよかったりもするのです。

つまりパンツにインしたらダサい、というように言い切ることはできないということです。シャツをインしてもいいし、シャツを出してもいいし、それはどういうものを着ているか、インするものは何かによって決まるということです。まずシャツを入れてもいいかどうか、そのファッションから考えてみるのがいいでしょう。

毎日のお肌のケアなどからファッションを考える!?

メンズエステも多くなってきている昨今、毎日のお肌の手入れなどもしているでしょうか?基本的にファッションというのは服装もそうですが、その服装を着るのはあくまで人間であり、その人間によって服装が似合ったり似合わなかったりするものです。

例えば先の細い人はスキニー系のジーンズなどがよく似合いますし、モードな細いネクタイなどがよく似合います。逆にがっちりした体格の人であれば、大きな体格を活かしてダボッとした大きな服を着るのが似あったり、スーツもダブルなどが似合うようになるでしょう。

このように体型によっても違いますが、実は見た目によっても似合う・似合わないというのもあるのです。お肌の手入れなどもしっかりしているかどうかで、ファッションの幅も広がったりします。肌を手入れしていなくてぼろぼろだという人、ニキビだらけだという人は例えお金をかけてかっこいいファッションをしても、やはり似合いません。

逆にちゃんと毎日ニキビのケアなどをしている人もいます。こういう人はスッキリとした顔になりますから、その分スッキリとした服装がよく似合うようになります。Tシャツにジーンズという格好でもそうですが、一般的に肌がきれいな人のほうがかっこよく見えるでしょう。これは男女ともに同じです。どうしてもダサいと思われるのは自分のケア不足から来ることもあります。

ですので最低限でも毎日の肌の手入れなどはしておいたほうがいいでしょう。もちろん遺伝などもありますし体質もありますからどうし用もない場合もあるかもしれません。しかし、自分の出来る範囲でいいのです。出来る範囲で脂症でなくするとか、髪の毛のフケが出ないようにするであるとか、努力のできる範囲というのがあります。

そういう努力をしていればいるほど、ファッションについても研ぎ澄まされてかっこ良くなっていき、ダサいと言われなくなる傾向にあります。気持ちの問題でもありますが、ファッションをかっこ良くしたい、ダサいと言われたくないのであれば、毎日の肌のケアなどから初めて見るのもいいかもしれません。

服装に合わないかばんが一気にダサくさせる可能性も…

ファッション、服装の話をしていると、どうしてもトップスに着る服をどうするか、ジーンズがいいか他のパンツがいいかなど位のものです。これらもとても重要ですし、トップスとボトムスの2つがメインであることは間違いありません。ただし、靴もそうですし小物もそうですが、周りに身につけるものは他にもあり、それらによってバランスを崩してしまうこともあるのです。

その典型的な例の一つがかばんです。カバンひとつで大きくファッションは変わってしまうので、かばんをどうするか?ということも考えたほうがいいでしょう。よく見かける人でダサい人に共通してあることとといえば、かばんをリュックにしている人でしょう。黒系のスポーツブランドなどのリュックをどんなファッションにも合わせている人がいます。

たまに、スーツにもかかわらずそういうスポーツ系のリュックを持っていたりするのです。山登りであるとか、どこかにウォーキングに行くとか、そういうスポーティーな活動の時には構わないですが、街歩きをしたり、ビジネスで営業をしたりするのには全くと言っていいほど不向きなものだと言えます。リュックひとつで大きくファッションを崩してしまっているのです。

カバン自体はいくつか持っておいたほうがいいでしょう。もちろんリュックでも悪くはないですし、それは時と場合に夜と言えます。ビジネスシーンでスーツに合わせるものではありませんが、スポーティーな格好にはいいでしょう。ビジネスであればトートバッグの黒や茶色などが好まれます。またスポーティーな格好にはボディーバッグなども悪くはありません。

ジャケット系に合わせるのであれば、最近だとクラッチバッグなども悪くないでしょうが、クラッチバッグでなくてもトートバッグ系であれば結構合わせやすいと言えます。ビジネスっぽく見えないようにするために、少しトートバッグも遊ばせた色合いのものを使うなどするのも、悪くはないでしょう。

バッグひとつで印象も変わりますから、バッグはいくつか持っておきたいものです。ブランド物をいくつも持っている女性がいますが、あそこまで多くはなくても3つくらいは用意しておいたほうがいいかもしれませんね。

ファッション雑誌は読んだほうがいいの?

ダサい服装から抜け出すために必要なものとして、普通はファッション雑誌を読んだほうがいいのかと思う人の方が多いでしょう。たしかにファッション雑誌は悪い方法ではありませんが、必ずしもそういうファッション雑誌を読んでいる人たちがかっこよかったりするわけではありません。むしろ使いにくい場合もあります。

例えばですがファッション雑誌を見て何を学ぶか?ですが、基本的に載っているものはかっこいい人が服を着ている写真と、その服の詳細についてです。この時にかっこいい人が来ている服装をすべて真似してしまうと大抵うまく行きません。なぜならその人の体のラインや髪型、そして顔などもほとんど同じではないからです。

ですからかっこいい人のファッションを真似するのではなく、できるだけ一般人で自分に似ている人のファッションを真似するようにするといいでしょう。よくあるのが町中で一般人のファッションをチェックする、という特集ですがこれは使いやすいです。自分に似た体系の人を探し出してきて、その人の服装を参考にするのです。

また参考にできる点としてあげられるのがショップの場所です。最近では安くてスタンダードな服装であれば大手のショップを使えば良くなりましたが、それでもかっこいいものや一点ものなどはまだまだ小さいショップに行かなければなりません。そこで服装の詳細に載っているショップに行くようにしましょう。

このショップをチェックするという行為は非常に使えるもので、そのショップでセレクトされている服を店でチェックすることができます。似ている方向の服装が多いですから、そういうところで「これは合うかどうか?」などを店員の人と話をするといいでしょう。店員さんもさほど忙しくない時は暇にしているので、話を聞いてくれるでしょう。

ファッション雑誌そのものを買う事自体は悪くないんですけれども、じゃあそのファッション雑誌を使ってどういうスタイルにするか?どういう服装にするかというものを学ぶ必要があります。役に立つ部分もあるし立たない部分もあるので、うまく活用してダサいファッションから抜け出しましょう。