イケメンでもダサい服装は存在する!?

ファッション雑誌なんかを見ていると、イケメンでスタイルがいい人たちばかりが紹介されています。ああいうのを見ると「かっこいい人達は元がいいから何を来たってかっこ良く見えるんだ」というように思うでしょう。言い換えればダサイのは自分自身が悪いから仕方ないんだというような考え方です。

しかしそういうイケメンの人も多くは子供の頃は両親が服を買ってくれて、それを着ていましたし決して最初からみんながみんなかっこいいファッションができていたわけではありません。中学や高校などでファッションを自ら学んで、かっこ良くなっていったのです。イケメンでもダサイ服装であればやっぱりかっこよくないのです。

なぜダサくなるのか?それは基本を外しているから

イケメンでもダサくなる、それは分かったとしてじゃあどうしてイケメンでもダサくなるの?というと、ファッションには基本というのが存在します。その基本をうまく抑えているかどうかというところで全く変わってくるのです。基本を押さえれば逆にどんな人でもダサくは見られないでしょう。

では基本とはなにか?ですけれども、例えば基本は沢山の色を使わないようにするというものがあります。柄物のパンツに柄物のシャツを着ているような人がいますが、そういうのは大阪のおばちゃんのような感じで、ハデハデしくあまり見た目が良くないのはわかるでしょう。これは男性のダサい服装でもよく見られます。

大阪のおばちゃんと同じような男性のダサい服装というのが、ジーンズやパンツにポケットがたくさん付いているようなものを履いて、上はキャラクターものやチェックのシャツなどを着てしまうと言う場合です。上も下も柄やいろいろなものがつきすぎていてがちゃがちゃしてしまうのです。

基本を守れば少なくともダサくはならない

大阪のおばちゃんスタイルでも、チェックのシャツを着る場合でも同じで、ダサく見えないようにするためには一つだけでもいいのでスタンダードなものを身につけることです。一番いいものはトップスは派手でも、ボトムスはよくある濃い目のジーンズなどにしておくと、合わせやすいですし落ち着いて見えます。若い女性でもこのようなファッションは少なくありません。

またできるだけ使われている色数を減らすという方法で、柄物の帽子や鞄(※カッコ良い鞄は値段が高いです!急な出費が重なって金欠になった時でも限定品なら、すぐに欲しいですよね!キャッシング審査を受けてお金を借りて購入するのも手です。沢山、借り入れをしないようにご注意してくださいね。)を持ち、それ以外はシックにしてしまうというふうにすれば、少なくともダサいと言われることはなくなるでしょう。派手なタイプのダサい人はこのようなシックに攻める方法があります。

他にも基本といえるようなことはいくつかありますから、それを守るようにしてみてください。そうすると周りからダサいと言われることはなくなるはずです。ダサいのはファッションの基本を外しているからで、それさえ守ってしまえば、ダサいと言われているファッションがかっこよく映るのです。

奇抜なストリートファッションよりも無難なファッションを

一時期、今も流行とはいえない間でも一部では使っている人も多いファッションとして、ストリートの奇抜なファッションというのがあります。ピアスをたくさんつけていたり、ヨレヨレの服を着たり、かなり派手目の帽子をかぶったりしているような人たちのことです。こういうファッションは10年ほど前に流行したものですけれども、今ではあまり見られなくなりました。

ちょうど10年から15年ほど前にはこういったストリートカジュアルで、かなりハデなものが流行ってはいましたし、こういう格好をする人ほどおしゃれだというように言われていました。しかし時代も変わり、こういう格好はもはや少数派になっています。代わりにTシャツにジーンズのような、シンプルなっこうの人たちほど多数派になってきています。

つまりこれは奇抜なファッションよりも、最近ではかなりスタンダードで落ち着いた服装のほうが流行ってきているということです。そちらのほうが受け入れられているというのがわかるのがテレビに出ているモデルやタレントの服装です。こういう人たちの服装は季節を先取りしているものが多く、トレンドも先取りしています。

にも関わらず、色やちょっと新しい形のものなどを着ているタレントやモデルはテレビに出ていますが、ストリートカジュアルで一世を風靡したようなレベルの奇抜なファッションのタレントやモデルというのは全くと言っていいほど見ることがありません。今や白のワンピースやジーンズファッションなど、かなりきっちりした人が多くなっています。

男性でもそれは同じでスーツの人も多いですし、若手と言われている人たちでも、ジャケットくらいは着ているというのがよく見られます。ですから、奇抜なファッションというのは逆に一部のタレントだけが行っており、それが世界的に注目されているくらいです。つまり一部しかやっていないし、それは変わっていることだと見られるようになったというわけです。

ですから若い人たちは男女ともに奇抜なファッションをする必要なんてありません。できるだけファッションは基本に忠実に、そしてシックな形でまとめてしまうほうがいいのです。奇をてらったことをしてもおしゃれになんかならないのです。

まずは真似してみることがファッションの第一歩

学ぶという言葉は最初、真似ぶから来ているというのを聞いたこともあるでしょうか。勉強で学習するというのは真似をすることから始まるのだということを表しているわけです。職人の世界などもちゃんと教えるというよりも見て学んで、それを真似て自分もやってみて初めて出来るようになっていくという世界もまだまだたくさん存在します。

そんな真似るという行為ですけれども、真似ることはできるならばファッションでもやっておいたほうがいいでしょう。ファッションもダサいと言われている人ではなく、かっこいいと言われている人たちを真似ることによって徐々に良くなっていくものです。最初から全身コーディネートを真似ることは難しいですが、少しずつ真似をすることでおしゃれになっていきます。

だからといって「よし、じゃあモデルや俳優の人を真似するぞ!」というのはあまりよろしくないでしょう。なぜならそういう人たちはスタイルもいいし、見せるための体というのを作っています。ですから服装も一般的には1.5倍くらいはよく見えるのです。実際、自分が着てみると全然違っていた、ということを感じる人は少なくありません。

真似をするときのポイントとしては、自分とよく似た体系や雰囲気の人を選びましょう。シュッとした体系の人なら、しゅっとした人を、がっちりした体系であればがっちりした体系の人のものを真似するようにしてください。でなければどんなにかっこいい服も似合わなくなりがちです。体型によって似合う服と似合わない服というのは違ってくるのです。

ダサいと言われている人たちは中には自分に合っていない服というのを長年着続けている人もいたりします。若作りをしようとしすぎて、若者ブランドを長く愛用しているようなオジサンであるとか、まだまだ青年なのにオジサンのような格好をしている人など、自分の体型や雰囲気に合わないためにダサくなっている人も少なくありません。

ですから、ダサいと言われないような服装をするためには、まずは自分を知ることも大事です。自分自身がちゃんとどういうタイプなのかを知ってから真似をするようにすれば、かっこよくなれるでしょう。

ネクタイの柄から見る柄物の使い方の基本とは?

夏にはあまりネクタイをする人も減ってしまいましたが、今でもネクタイ着用が当たり前の日本のスーツを着ている男性は大変だと思います。そんなネクタイ着用の時のスーツ姿を思い出して欲しいのです。特にネクタイの柄というものを思い出してみて欲しいのですが、ここにダサいと言われる人たちの使う柄物の使い道があります。

たいていスーツだけだとどこも変わらないような格好になるかと思いますが、ネクタイ一つの柄が違うだけで一気に印象は変わるでしょう。明るい色のネクタイを選べば明るい印象が、黒などだと暗い印象になります。柄物を使えばオジサンっぽくもなるし、ドットなどであれば可愛らしい印象も与えます。つまりネクタイの柄一つで大きく印象が変わるのです。

しかしそのネクタイの柄で印象が変わったとしても、バランス全体が崩れるということはありません。どのようなネクタイであったとしてもスーツ全体が変になることはないのです。それだけちょっとしたアクセントとして柄が効いているというわけですが、逆に言えば柄物というのはちょっとしたアクセントに向いているということです。

よくダサいなんて言われている人たちがチェック柄のシャツを着たりしていますけれども、そういう人たちはほとんどメインとなるものにつけていると思います。トップスにチェックシャツはいいのですが、そこが上半身全体を覆ってしまっている人も多いでしょう。となると、アクセントではなく、チェック柄がメインになってしまっています。

そういう柄がメインになってしまうと、かなりガチャガチャした感じになってしまうのです。逆にネクタイの柄のようにちょっとだけを表すようにつけるほうが、まとまりが出てきます。例えばTシャツの柄のようなものや、もしくは無地のシャツに少しだけチェック柄が入っているようなものだとかなりまとまりは出てくるでしょう。

スーツファッションを見てもわかるように、一般的に柄というものはうまく使わないと行けないものであり、使いすぎることによって変になってしまうのです。このファッションの基本を知らない人も多いので、ぜひスーツファッションを見習って、柄はアクセントとして使ってみてはいかがでしょうか。

ただ色違いの靴をはくだけで、ビジネスシーンで差を付けられる

靴というと、ビジネスでは革靴、プライベートではスニーカーが多いと思いますが、スニーカーでも革靴でもやはり足元を疎かにしているとダサイと言われてしまいます。出来る限りそこまで気をやるようにすることが重要ですが、ビジネスではどうしても多くの人が黒い革靴でまとめてしまいます。それこそ半分以上の人が黒い革靴を履いているんじゃないでしょうか。

年齢の高い人であっても年齢の若い人であっても、黒い革靴を履くというのは悪いわけではありません。無難ですし、まず合わないということはないでしょうから履きやすいでしょう。しかしそういう靴を履いてしまうと、他の人達と同じであり、場合によってはダサイと思われてしまうことにもなります。女性から見るとかなりダサいかもしれません。

女性の目線から見ると、おそらく黒系のスーツに黒の靴ですから、全体的に重量感のある感じに見えてしまうでしょう。思い感じが重量感があっていいというように感じる人もいるかもしれませんが、実際には重量感があるというよりも重すぎると感じ、とっつきにくいと思ったり話しづらいと感じる人も多いのです。

じゃあ革靴をどうしたら良いの?というと色を変えるだけでいいのです。それこそ、色を今まで使っていた形も同じ革靴で、色だけ茶色にしてみてください。それだけで一気に軽い印象が出てきます。軽いだけではなく足元に目が行くようになりますから、カッコ良い印象もあり、ダサいということはなくなるでしょう。

茶色に変えるだけなのでお金も対してかからないですし、誰でもできる気軽な方法としてオススメです。ちなみに黒でも輝きのあるようなものを利用する、という方法もあります。テカリのある素材のものにすれば、少し軽めに見えるのですが、そういう素材のものは高い値段がすることもあります。ですからだれでもできる、とはなかなかいいきれません。

それよりも色を変えるだけ、これでビジネスシーンが明るくなるのですから、ダサいから脱出するにはこんなに手軽なことはないと思います。もちろん職場によっていろいろな軋轢もあるでしょうから、そのあたりを気をつけながら変えるのがいいと思います。